MENU
カテゴリー
韓国コスメオタクの私が愛用してるクッションファンデ 初回1980円で試す方はココから

IU出演『本当にお疲れさまでした』韓国ドラマ|あらすじ・キャスト・どこで視聴できる?

今回は、IU&パク・ポゴム主演の韓国ドラマ『本当にお疲れさまでした』のあらすじ・キャスト・OST・視聴方法などについてご紹介します!

目次

本当にお疲れさまでした(韓国ドラマ)作品情報

スクロールできます
タイトル本当にお疲れさまでした(폭싹 속았수다)
ジャンルロマンス・時代劇
放送時間未定
放送期間2024年上半期配信予定
話数全16話
企画PANエンターテインメント・BARAMピクチャーズ
監督キム・ウォンソク|「ミセン-未生-」「シグナル」「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」
脚本イム・サンチュン|「椿の花咲く頃」
撮影期間2023年3月18日〜2024年2月5日
日本配信Netflix独占配信

本当にお疲れさまでした(韓国ドラマ)予告編

※随時更新します

本当にお疲れさまでした(韓国ドラマ)あらすじ

 『本当にお疲れ様でした』は、済州生まれの賢い反抗児エスン(IU)と鈍いけど頑健なグァンシク(パク・ポゴム)の冒険いっぱいの人生を描く物語。

本当にお疲れさまでした(韓国ドラマ)いつから配信?

韓国ドラマ『本当にお疲れ様でした』は、Netflix独占配信ですが、配信日は未定です。

2025年上半期予定とは公式では発表されてます。また分かり次第、随時追記します。

本当にお疲れさまでした(韓国ドラマ)相関図

※随時更新します

本当にお疲れさまでした(韓国ドラマ)登場人物・キャスト

エスン役|IU

引用元:IU Instagram

済洲島で生まれた『欲望の反抗児』。いろいろな面でしっかりしなければならない状況だったが反抗する度に声はヤギのように震える間小さな文学少女でもある。 ちょっと持ったが陰にならない子供。 日光一列渡さない世知辛い壁の面陰下でも必ず年に向かって頭をきらっと分とある草花のように要望陣人物である。 学校さ通うことができない状況でも詩人を夢見る、泣く時も隠すことはなく、笑う時は海中に響くようにパワフルで器用なキャラクターだ。

エスン役を演じるのは、「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」に出演したIUです。IUは、韓国のシンガーソングライターでもあり、女優としても活動してます。

IUの主な出演作品
  • ドリームハイ
  • ドリームハイ2
  • 最高です!スンシンちゃん
  • プロデューサー
  • 麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜 など

IU Instagram→@dlwlrma

グァンシク役|パク・ポゴム

固い銑鉄の男。 日々勤勉でまじめな性格で、至極な誠実さがどのくらい偉大な武器なのか分かる‘賢い銑鉄’だ。 しかし恋愛には奥手だとエスンが笑っても故障して、泣いても故障する。 でも忠心も銑鉄だと初めから間も見なくてひたすらエスンだけ愛して尊重する黙言の戦士だ。 時代を言いわけをして分かり切っているように流れることができたエスンの一世一代の岐路ごとにハンドルを回して、サイドブレーキ引いて、たまにはアクセルを踏んでしまう。

グァンシク役を『恋のスケッチ〜応答せよ1998〜』に出演したパク・ポゴムが演じます。パク・ポゴムは、『本当にお疲れさまでした』が除隊後復帰作となります。

パク・ポゴムの主な出演作品
  • 恋のスケッチ〜応答せよ1998〜
  • 雲が描いた月明かり
  • ボーイフレンド
  • 青春の記録 など

※随時更新します。

本当にお疲れさまでした(韓国ドラマ)SNSでの反応は?

※随時更新します

本当にお疲れさまでした(韓国ドラマ)OST(サントラ)発売日・予約情報

※随時更新します

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、IU&パク・ポゴム主演ドラマ『本当にお疲れさまでした』韓国ドラマ|あらすじ・キャスト・どこで視聴できる?についてご紹介しました。

現時点では、配信日は未定となってますので情報が上がり次第随時追記します。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

▶︎【エアトリ】はソウル・釜山までの航空券やホテルがお得! キャンセル料無料プランもあり、韓国旅行を検討してる方は、参考にしてみてください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

nanamiのアバター nanami 韓ドラ歴20年のシンママ

韓ドラ歴20年|ロウンペン歴1年・ユチョンペン歴15年(空白期間あり)|韓国コスメレビュー|美容商品レビュー|韓ドラ最新情報|Qoo10メガ割|お得情報|韓国語独学勉強2024.01.01開始|2025年中にハン検3級取得する!

コメント

コメントする

目次